子どもが探検するのは何かを得るためではなく「探検そのものに価値を見いだしているから」
小さなころ、近所や学校の近くを友だちと探検した思い出がある人は多いはず。最近の研究により、子どもたちがこうした探検に繰り出すのは、何かを得るためではなく「探検そのものが目的」だということが確かめられました。この発見により、一見あてもなく走り回っているように思える子どもの行動にも、理由があることが分かってきたとのことです。

続きを読む…

Source: agora
子どもが探検するのは何かを得るためではなく「探検そのものに価値を見いだしているから」