Apple端末のセキュリティチップ「Secure Enclave」はどのようにして突破されてしまったのか?
Appleデバイスで機密データの暗号化に使用される「Secure Enclave(SEP)」にパッチ不可能な脆弱性が存在すると、中国人ハッカーグループ「Pangu」に所属するwindknown氏がMOSEC 2020にて発表しました。この脆弱性に関する情報をまとめた資料がGitHubで公開されており、仮想メモリ空間の暗号化キーの抜き出しといった脆弱性の詳細を知ることができます。

続きを読む…

Source: agora
Apple端末のセキュリティチップ「Secure Enclave」はどのようにして突破されてしまったのか?