5700万人分の個人情報窃盗を隠蔽するためハッカーに口止め料を支払ったUber元幹部が告訴される
Uberを利用した乗客や運転手の個人情報5700万件がハッカーに盗み出されたにも関わらず、情報を公開せず、むしろ盗まれた事実を隠すためにハッカーに対して口止め料を支払っていたとして、連邦検察官がUberの元最高セキュリティ責任者(CSO)を告訴しました。

続きを読む…

Source: agora
5700万人分の個人情報窃盗を隠蔽するためハッカーに口止め料を支払ったUber元幹部が告訴される