2万7000行ものコードをひとつのファイルに書いたLinuxカーネルパッチが送りつけられる
最も有名なオープンソースプロジェクトのひとつであるLinuxカーネルは、多くのエンジニアがメーリングリストでやり取りし、カーネル開発のやり方を尊重しながら開発されています。LinuxカーネルはこれまでNTFSの書き込みをサポートしていませんでしたが、ソフトウェア開発企業のパラゴンソフトウェアが書き込みも含む完全なNTFS機能をサポートしたカーネルパッチを提供。しかし、その提供方法に少し問題があったと、Linuxのハードウェアレビューや関連ニュースを提供するニュースサイト「Phoronix」のマイケル・ララベル氏が報じています。

続きを読む…

Source: agora
2万7000行ものコードをひとつのファイルに書いたLinuxカーネルパッチが送りつけられる