ポリオをアフリカから撲滅したとWHOが宣言
手足のマヒといった症状が現れるポリオは、主に人の便を介して感染が拡大し、永続的な後遺症を残すこともあります。アフリカ大陸では長年ポリオが問題となってきましたが、世界的な支援を受けてのワクチン普及活動により、2020年8月25日、ついにアフリカから野生株のポリオが根絶されたと発表されました。

続きを読む…

Source: agora
ポリオをアフリカから撲滅したとWHOが宣言