テレワークでも高速通信が可能! プラネックス、Macで使えるUSB Type-Cの有線LANアダプターを発売

usbc-lan5000r_04

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、USB Type-C接続で最大5Gbpsの通信速度を実現する有線LANアダプター「USBC-LAN5000R」と、USB Type-C接続で最大2.5Gbpsを実現する「USBC-LAN2500R」を2020年8月31日より発売する。

■アクセスの高速化を実現
NTT東日本・西日本「フレッツ 光クロス」、KDDI「auひかり ホーム10ギガ」、NURO光 10Gsなど高速なインターネット回線のサービスがスタートした。各サービスが提供するルーターは10GBASE-Tに対応し、オフィスや家庭内で1Gbpsを超える有線LANの環境が整いつつある。テレワークが急速に広まる中、自宅での高速通信の可能性が広がっている。

有線LANアダプター「USBC-LAN5000R」「USBC-LAN2500R」はWindows PC、Macなどに対応。高速通信の可能なUSB Type-C接続ができる。RJ-45ポートに有線LANケーブルを接続することで、「USBC-LAN5000R」は最大5Gbps(理論値)、「USBC-LAN2500R」は最大2.5Gbps(理論値)の高速通信が可能となります。インターネットの利用だけでなく、VPNによるオフィスへのアクセス、LAN内に設置したファイルサーバーなどへのアクセスの高速化が実現される。

usbc-lan2500r_04

USBC-LAN5000R

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
6,980円のペンタブレット、RAYWOOD「TSUKISHIRO」を発売
Mad Catz「EGO Arcade FightStick」が復活! ゲームパッド、限定ハイエンドゲーミングマウスを新発売
チュートリアルビデオも一発録りできる高機能PC画面録画ソフト「EaseUS RecExperts」レビュー
Apple T2搭載Macに対応した待望のデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」レビュー
クーポンで899円、HDMI VGA変換アダプター「AUKEY CB-V4」






Source: ITlifehack
テレワークでも高速通信が可能! プラネックス、Macで使えるUSB Type-Cの有線LANアダプターを発売