「筋交」読める? ソーシャルディスタンスの印みたいなやつ

読めそうで読めない「筋交」

筋(肉)が交わる!という漢字2文字。筋肉隆々のマッチョが腕相撲しているような…。ちょっと強そうなイメージないですか?

強そう!というのは間違いないです。だって家を強くしてくれるモノですから!
さて何と読むでしょう?

ヒント1.ソーシャルディスタンスの✕マークにそっくりです

ソーシャルディスタンスで、ベンチに筋交みたいなマーク出現

evergreentree / PIXTA(ピクスタ)

コロナ禍で街中がソーシャルディスタンス。レストランでは席の数を減らしていますし、駅や公園のベンチは1席ずつ空けて座るよう、✕マークが貼られています。
この✕マーク、筋交にそっくりです!

ビルの補強でも活躍する筋交

PATHOS / PIXTA(ピクスタ)

これは、ビルの1階の駐車場に取り付けられた筋交ですが、似ていると思いませんか?

ヒント2.地震に負けないよう、家の壁の中に潜んでいいます

柱と柱の間に入っている筋交

yukiotoko / PIXTA(ピクスタ)

正解は「すじかい」です。

筋交とは、柱と柱の間に斜めに入れて補強する部材です。地震の多い日本では、建築基準法という法律で、私たちが住んでいるような木造や鉄骨の住宅にも、一定の割合で筋交いを入れることが義務づけられています。

壁の骨組みを補強しているので、その後はボードが張られ見えなくなることが多いですが、壁の中で頑張ってくれています。

地震が起きたら、壁の中にいる筋交さんのこと思い出してください。そして、ぜひ応援してあげてください。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない漢字「長押」
「長押」読める?「ながおし」じゃないよ。頭ぶつけたことあるかも

Source: Sumai
「筋交」読める? ソーシャルディスタンスの印みたいなやつ