Western Digital製の一部HDDの回転数が公称スペックと異なることが判明
ハードディスクドライブ(HDD)の回転数は主に5400rpm(毎分回転数)と7200rpmの2種類が存在します。回転数の違いによってデータ転送速度や消費電力が変わるため、回転数はHDDの性能をはかる上で重要な要素となります。アメリカのストレージメーカー・Western DigitalのHDDで、「5400rpmクラス」を名乗るHDDが実際は7200rpmだったことが、有志による検証で判明しました。

続きを読む…

Source: agora
Western Digital製の一部HDDの回転数が公称スペックと異なることが判明