電子楽器「カシオトーン 201」、国立科学博物館の未来技術遺産に登録

電子楽器「カシオトーン 201」

カシオ計算機は、1980年に発売した当社の電子楽器1号機「カシオトーン 201」が、楽器を奏でる喜びを多くの人に提供したとして、国立科学博物館が行う2020年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。

■全ての人に音楽を奏でる喜びを
未来技術遺産は、独立行政法人国立科学博物館が、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」及び「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存と活用を図るため、2008年度から実施している登録制度だ。

今回登録された「カシオトーン 201」は、「全ての人に音楽を奏でる喜びを」という思いから開発された。独自の発音システム「子音・母音システム」※により、従来とは一線を画す自然で味わいのある音色を奏でられるほか、シンプルなインターフェースやコンパクトサイズを実現。当時、楽器に触れる機会のなかった方でも手軽にさまざまな美しい音色を楽しめる電子楽器として、多くの方に楽器演奏の機会を提供し、市場に大きな影響を与えたことが評価された。

音は立ち上がり部分を「子音」、持続・減衰部分を「母音」との2つに分けることができる。「子音」部分と「母音」部分に相当する別々の音を微妙に変化させながら合成し、1つの音として創りだすシステムだ。

なお、同社の登録は、「電子式卓上計算機 カシオミニ」(2008年)、「デジタルカメラ試作機 DC-90」(2009年)、「液晶デジタルカメラ QV-10」(2012年)、「カード型電卓 SL-800」(2013年)、「科学技術用計算機 AL-1」(2014年)、「初代G-SHOCK DW-5000C」(2019年)に続き、7回目となる。

カシオ計算機

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
9月9日はKFC創業者カーネル・サンダースの誕生日、KFC公式Twitterでお祝いキャンペーンを開催
ニコニコでEGOISTライブ映像を4夜連続放送
牛丼を楽しむ裏技を取り入れた! 吉野家、「裏牛丼」全4種を販売開始
水を吸い上げ片手で洗車! サンコー「ハンディスプラッシュブラシ」
Oisix、おせち販売が好調! 2021年おせちのトレンドは「小人数向け」「複数買い」



チープカシオ 安くてスゴい腕時計
チープカシオ研究会
グラフィック社
2016-01-07




Source: ITlifehack
電子楽器「カシオトーン 201」、国立科学博物館の未来技術遺産に登録