IntelのIce Lake世代CPUは「命令の種類による最大クロック制限」が緩和されている
複数のデータをひとつの命令で処理できるシングルインストラクション・マルチプルデータ(SIMD)命令は、CPU演算の高速化に大きく寄与しています。しかし、SIMD命令は多くのCPUリソースを必要とするため、Intel製CPUには特定のSIMD命令実行時に最大クロック数を制限する仕様が存在しています。このクロックダウン制御は一部のユーザーを悩ませていましたが、Ice Lake世代のCPUでは制限が緩和されているとの調査結果が報告されています。

続きを読む…

Source: agora
IntelのIce Lake世代CPUは「命令の種類による最大クロック制限」が緩和されている