中世ヨーロッパのギルドにおける徒弟・マスターといった階級ごとの違いやギルドの目的とは?
中世ヨーロッパにはギルドと呼ばれる職業別組合が存在しており、ギルドの内部には徒弟・ジャーニーマン・マスター(親方)といった厳格な階級制度が設けられていました。現代の人々からするとわからないことも多いギルドにおける階級制度やギルドの目的について、ライターのKristine Wilson-Slackさんが説明しています。

続きを読む…

Source: agora
中世ヨーロッパのギルドにおける徒弟・マスターといった階級ごとの違いやギルドの目的とは?