自然素材を取り入れた壁や床、デザイン性は?メリットは?施工例を紹介

珪藻土塗りの壁

家づくりの際、室内の仕上げに自然由来の材料を取り入れるのが人気です。自然素材の魅力はなんといっても、その温かみある質感。そのうえ調湿性に優れた自然素材は、人の健康にいいだけでなく、家自体も長持ちさせてくれるのです。

この記事では、壁と天井、建具に使用される代表的な自然素材を紹介します。ちなみに、上の写真は壁と天井を「珪藻土塗り」で仕上げた住宅。壁に使われる珪藻土は調湿性のほか消臭効果に優れ、なめらかな質感も魅力となっています。

健やかな暮らしに配慮した、壁を仕上げる自然素材

ドイツ漆喰の壁

壁に使用される自然素材でポピュラーなのが珪藻土や漆喰。また和紙や石、木材なども壁材として使用されます。壁は面積を広くとるので、素材によって空間の印象も大きく変わってきます。写真は紙の上からローラーで塗って仕上げる「ドイツ漆喰」の壁。珪藻土と同じく調湿性や消臭効果があり、ひび割れしにくい利点も。

土佐和紙を貼った壁

一方、こちらは町家の建て替えで実現した現代的で趣のある空間。壁に「土佐和紙」を貼って落ち着きあるリビングに仕上げられました。和紙は調湿・調光・吸音、さらに保温性に優れた素材。空間に差し込む光もやわらかに感じられるようです。

レッドシダーの壁

こちらの例では、内外の壁に、防腐成分が含まれる「レッドシダー」のパネルを連続させて張り、屋外との一体感を演出しました。吹き抜けで上下階もつながり、とてもダイナミックな印象。パネルなのでメンテ時に交換もしやすい利点もあります。

檜張りの浴室の壁

板張りの浴室は、水や湿気に強い「檜」や「サワラ」がよく使われます。写真は和風旅館を思わせる檜張りの浴室。水に濡れることでより芳香が増します。

ライムストーンを貼った寝室の壁

個性的な「ライムストーン」という石貼りの空間。手前に寝室、奥に浴室があり双方の部屋をガラスで仕切り、ホテルのような非日常感を演出しています。

デザイン性とともに機能性も重視したい天井の仕上げ材

杉板を張った天井

天井も床や壁と同様、面積が広いので、機能面も考慮したいスペース。壁と合わせて珪藻土などを塗れば、調湿や消臭効果が期待できます。また無垢の板張りにすれば吸湿性や断熱性にも優れています。
こちらは天井・床ともに「杉」を貼ったリビング。天井は心材(赤)と辺材(白)が混じった材に、柿渋で色味を馴染ませて仕上げています。

杉網代貼りの天井

小上がりの天井を伝統的な「杉網代張り」に。網代天井は、杉や竹などの薄板を互い違いにくぐらせて編んだ仕様です。

羽目板張りの天井

「珪藻土」を壁・天井のベースにし、勾配天井の部分は「羽目板」と梁の古材を表しにしてアクセントにしました。アイアンのシャンデリアとも相性バッチリ。

建具は、個性的な素材を選びで遊び心を

もみ和紙貼りの建具

玄関ドア、室内扉、窓、障子などの建具は、頻繁に目に触れる部位なので、質感はもちろんデザインにもこだわりたいところ。機能面では、和紙を使った建具なら保温性、吸湿性、木製サッシなら気密性や断熱性などが期待できます。
上の写真は「もみ和紙貼り」を貼った押し入れの建具。もみ和紙(東京松屋製)は、薄いオレンジの地に桜の柄を型押ししたもので、光沢がとても華やか。

ベイ松を使った格子戸

「ベイ杉」を使った玄関ホールの精緻なつくりの格子戸は、来客を迎えるのにふさわしい表情。ほんのりと土間の気配も伝えてくれます。

幾何学模様の障子

「障子紙」を貼った障子は幾何学模様の組子で遊び心をプラス。

木製サッシ

光庭と接する木製サッシ(プロファイルウインドー製)の窓。美しいだけでなく、気密性や断熱性、防火性も備えています。

ラワン合板の収納扉収納の扉に「ラワン合板」を採用。設計者によれば「合板をうまく活用すると空間にメリハリがつく」とのことす。

アイアンのドアハンドル

突板張りの玄関ドア。こだわりは「アイアン」のハンドルです。木部の経年変化を待つように、サビ感のあるタイルを鉄に溶接して仕上げています。

自然素材は経年変化により、味わいが増すのも大きな魅力。長く住めば住むほど馴染み、時とともに愛着が湧くことは間違いないでしょう。家づくりにおいては、こういった素材選びにもこだわりたいところですね。

設計(壁)/小野喜規、高野保光、関谷昌人、吉村昭範+吉村真基、松永基、森 清敏+川村奈津子 設計(天井)/加藤武志、小嶋良一、眞田大輔、大浦比呂志 設計(建具)/松本直子、佐久間 徹、吉村昭範+吉村真基

撮影/伊藤美香子、大槻 茂、川辺明伸、桑田瑞穂、中村風詩人、日紫喜政彦、水谷綾子、目黒伸宜、山田耕司

Source: Sumai
自然素材を取り入れた壁や床、デザイン性は?メリットは?施工例を紹介