トランプ大統領のツイートを分析した結果「寝不足で怒りっぽくなっている」ことが判明
睡眠不足は集中力・記憶力・気分などに影響を与えることが過去の研究から判明しており、過度な睡眠不足ではなくとも、6時間睡眠を続けるだけで人のパフォーマンスは徹夜に匹敵するほど落ちるといわれています。そこで新たにコロンビア大学の研究チームが、過激な発言でSNSの検閲問題にまで発展しているトランプ大統領のTwitter投稿を分析することで、トランプ大統領の就寝時間でパフォーマンスが予測できると発表しました。

続きを読む…

Source: agora
トランプ大統領のツイートを分析した結果「寝不足で怒りっぽくなっている」ことが判明