刑務所でプログラミングを学んだ女性が仮釈放中に開発者として仕事を得るまで
過去に逮捕歴があると能力があっても職業差別にあうため就職ができず、生活のために再び犯罪を犯し刑務所に逆戻りしてしまう……ということも多いもの。しかし、13年間刑務所で過ごすなかでプログラミングを身に付けた女性が、仮釈放を経てエンジニアとして職を得ることができたとSNSで話題になっています。この女性の就職に携わった財務・税務サービスを提供するpilotのCTOであるジェシカ・マッケラー氏が、自身が得た知見と、犯罪歴がある人が職を得るために必要なことをつづっています。

続きを読む…

Source: agora
刑務所でプログラミングを学んだ女性が仮釈放中に開発者として仕事を得るまで