医療システムに対するランサムウェア攻撃が多発、新型コロナワクチン開発などに打撃
アメリカの医療関連企業・病院等に対するランサムウェア攻撃が多発しています。新型コロナウイルスのワクチン開発などに用いられる臨床試験向けのソフトウェアを開発・販売するアメリカのeResearchTechnology(ERT)や、アメリカ国内など400カ所に病院を構える医療法人グループUniversalHealth Services(UHS)などが被害に遭っています。

続きを読む…

Source: agora
医療システムに対するランサムウェア攻撃が多発、新型コロナワクチン開発などに打撃