アントニン・レーモンド設計「富士見の家」。名建築で暮らす毎日とは?

都心に残ったヴィンテージハウスの外観

東京・千代田区に建つこの家は地上3階地下1階のRC造で、延床面積231.7㎡。晩年のアントニン・レーモンドが医師一家のために設計した家で、竣工は1970年。都心に残ったこのヴィンテージハウスを住み継ぎ、自分たちらしく暮らす原田さん家族を訪ねました。

1970年竣工、コンクリート打ち放しのモダンな佇まい

1階駐車場の壁に貼られたレーモンドの署名入りプレート

アントニン・レーモンドはチェコ出身の建築家で、フランク・ロイド・ライトの弟子にあたる人物。来日して帝国ホテルの建設に携わった後、長く日本で活躍し、日本の建築家に大きな影響を与えました。そのレーモンドが、日本人医師とフランス人の妻と6人の子どもたちのために設計したのが、この家でした。

1階駐車場の壁に貼られたレーモンドの署名入りプレート。施工は佐藤秀工務店、竣工は1970年としっかり刻まれています。

ヴィンテージ感が漂う門灯

門灯にもヴィンテージ感が漂います。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫妻、長男5歳

▼リノベを選んだ理由
価値ある不動産を持ちたいと思って、ようやく巡り合ったアントニン・レーモンド設計のヴィンテージハウス(現在、「富士見の家」と呼ばれる)。手を加えながら住み続ければ、この家の価値はさらに高まるに違いないと思ったから。

▼住宅の面積
延床面積 231.7㎡

残すところは残し、できることは自分たちでやる

床を張り替え、天井を外し、露出した配管を整理したキッチン

「手を加えながら住み続ければ、この家の価値はさらに高まるに違いない」。原田さんは夫妻は可能性を感じたそう。価値ある住宅の継承を支援している「住宅遺産トラスト」を通じて建主の末娘とも会い、この家を大切に住み継ごうと決意。間取りの変更や水回りの工事はリフォーム会社に頼み、あとは自分たちでDIYすることに。

キッチンは床を張り替え、天井を外し、露出した配管を整理しましたが、設備機器はほぼ元のまま。住み始めてからも自分たちで少しずつ手を加え、キッチンの作業台を増やしたり、玄関のコートクロゼットの中に靴収納棚をDIYしたり。レーモンド設計のオリジナル部分を残しながら、住みやすくカスタマイズしていきました。

4層の空間を貫くコンクリートの螺旋階段

4層の空間を貫くコンクリートの螺旋階段は、まるでひんやりした洞窟のようです。

モダニズムと和の伝統が調和したリビングダイニング

モダニズムと和の伝統が調和したリビングダイニング

設計当時の間取りは、1階は玄関と大収納とメイド室。2階はLDK。3階は細かく仕切られた子ども室で、4階は主寝室と個室がもう1つ。大家族仕様をどう変えれば、家族3人が快適に暮らせるだろう?

DIYの心得がある夫は、設計図を読み込み、「どこを残すか、どこを直すか」を検討。障子やオリジナル造作家具がある2階のLDKはそのまま生かし、新たに木とブラックを基調としたデンマーク家具を入れました。

DIYでよみがえった寄木細工の美しい床

DIYでよみがえった寄木細工の美しい床。傷んでいたところは、表面をサンダーで削り、ニスを塗って、自分たちで再生させました。

小窓でつながるダイニングとキッチン

ダイニングとキッチンは小窓でつながっています。

デンマーク家具で統一したダイニング

家具や照明器具は、北欧デンマーク発祥のインテリアショップ・ボーコンセプトにスタイリングを依頼。

障子とマッチす照明

木や障子を使ったレーモンドの意匠とデンマークの家具や照明器具がマッチしています。

赤を効果的に取り入れて、洗面・バスルームをポップに

トイレと一体化した洗面室

3階の一室をトイレと一体化した洗面室に。白×黒の床に赤の椅子が印象的です。

赤く塗ったバスルーム内の壁

バスルーム内の壁を赤く塗り、身長計にもなるシール(IKEA)を貼って楽しく演出。

広い寝室

3階は全面改装し、広い寝室をつくりました。

手つかずの4階は、将来の子ども部屋に

納戸状態の4階

手をつけなかった4階は元主寝室。オリジナルの家具が残っています。現状は納戸のような状態。これからやりたいことは、4階を整理して、元主寝室をゲストルームに変えること、そして子ども部屋をつくること。「ゆくゆくは4階の一室を子ども部屋にと考えていますが、3階の寝室が広いので、とりあえずはパーティションで仕切ってもいいかな、と考えています」(夫)

レトロな青いバスタブやトイレを配したバスルーム

今は使えませんが、4階にレトロな青いバスタブやトイレを配したバスルームがあります。

大型制御盤

大型制御盤は、この家が大がかりな空調設備を備えていたことを示しています。

価値ある家を代々住み継いでいきたい

欧米式で段差のない1階玄関

欧米式で段差のない1階玄関。

オリジナルベンチのある玄関

玄関扉、タイル壁、ベンチはオリジナル。時計はフランフランで購入したものだそうですが、空間にマッチしています。

リビングでくつろぐ原田さん家族

「一生に一度のことですから、価値ある不動産を持ちたいと思って、都心の戸建てをずっと探していたんです」(夫)。港区、目黒区、品川区と、都心で数多くの戸建て住宅を見て歩き、2013年にようやくこの家に巡り合いました。

5歳の長男はこの家にすっかり馴染んで、コンクリートの円筒のような螺旋階段を駆け上がったり駆け下りたり。複雑な立体構造の空間を自由自在に動き回っています。この価値ある家を「息子が住み継いでくれるといいな」と原田さん夫妻は話してくれました。

施工/佐藤秀工務店
撮影/飯貝拓司 ※情報は「リライフプラス vol.32」掲載時のものです

Source: Sumai
アントニン・レーモンド設計「富士見の家」。名建築で暮らす毎日とは?