テレワーク時代、仕事を持ったままの移住が正解。経験者が語る後悔しない沖縄暮らし

移住した沖縄の海

一年中温暖で暮らしやすいと思われる沖縄への移住。でも現実はそんなに甘いものではないようです。

沖縄に移住し仕事を見つけて働きながら子育てもしている日刊住まいライターが、移住して分かった衝撃の事実をリポート。お金のこと、物価のこと、交通事情など、移住を検討している人はぜひ参考に!

賃金が安いので、テレワークで働ける仕事を持っての移住がおすすめ

筆者は沖縄生まれですが、中学2年から父の仕事のために栃木県に引越しし、24年間を過ごし6年前に沖縄に移住してきました。

栃木県が嫌だったわけではありませんが、小さい頃から毎年夏休みは祖父母のいる小浜島で過ごしてきたので、子どもたちにも沖縄で生活させたいな…という思いもあり、上の子の小学校入学のタイミングで沖縄移住を決行しました。

引越し前から分かっていたことですが、給料、賃金が全国でも最下位だということです。
沖縄に引越ししてきた当初は、栃木で働いてた頃よりも、残業込みの金額で3分の2以下の給料にまで減ってしまいました。でも同級生には「給料いい方だよ」と言われ愕然としました。

もし沖縄移住を考えているなら、テレワークができる仕事の場合は仕事を辞めないことです。NGならテレワークが可能な仕事を探すなどしてからの移住をおすすめします。

意外にも物価が高いので、大根を買うのもためらうことも…

沖縄のスーパーの店先。野菜の値段は意外と高い

沖縄は給料は安いが物価はあまり変わらない

物価の高さはランキングでは最下位で高くないように思われがちですが、スーパーの品物は高いと思います。内地の品物は輸送費がかかるので仕方ないのでしょうが、大根が298円は高くて買うのをためらってしまいます。

地元でつくった野菜、食品などは、もう少し安くてもいいのにな、とは思いますが、つくる量も少ないからなのか、安くありません。

地元の農家の人に、教わるなどして、自分で野菜をつくれれば、家計もかなりラクになると思います。

69歳で沖縄に移住した両親の家

69歳で沖縄移住した両親の家の庭

69歳で沖縄移住した両親の家の書庫

これは両親の自宅です。父は69歳頃まで働きましたが、定年退職後は沖縄で生活を始めました。

日曜大工が趣味でしたので、自宅はもちろんのこと、野菜なども自分でつくるのが長年の夢だったそうです。
自宅は職人さんに教わりながら外階段や庭に小さい池もつくりました。書斎の本棚などもつくったそうで、父の長年の夢がかなったように思います。

今は元気で大丈夫でももう70代。雨の日など玄関までの階段は滑らないか少し心配です。将来の車椅子なども想定してスロープにしてあげようと思っています。

父がつくったビニールハウス

ビニールハウスではマンゴーを栽培

父がつくった手つくりのビニールハウスです。玉ネギとかキャベツなどをつくってもらえると、家計もラクになりうれしいですが、現在はマンゴーをつくってるそうです。味などのできはまだ分からないですが楽しみです。

交通渋滞がすごいので、できれば子育て世代は通勤しないでいい仕事を

沖縄の夕方の交通渋滞

沖縄の交通渋滞は本当に最悪です。朝と帰りの通勤時間帯はびっくりするぐらい渋滞します。

現在はフリーで仕事ができるようになったので、打ち合わせやショールームや現場に行く以外は、自宅で仕事をしています。通勤のたびに渋滞でイライラすることもなくなったのが一番うれしいことです。

移住して勤め始めた会社は昼間なら15分程で行けましたが、朝と帰りは30分以上かかるときもあり、当時は下の子の保育園のお迎えが19時まででしたので毎日が時間との闘いでした。

まだ引越ししてから間もない頃、朝早くに職人さんと現場での約束があり、携帯のナビで検索したところ、4km~5kmの距離で15分あれば到着するはずでした。でも実際には45分ぐらいかかってしまい、職人さんを待たせてしまったことがあります。

バイクのマナーは最悪です。渋滞している車の間を、バイクが何台も真ん中をすり抜けて走って行き、なぜか先頭に並ぶのが沖縄のバイクの運転者には多い気がします。

高齢者の方の車の運転もよく見ますので、ゆっくりノロノロ運転だったり、直前になって方向指示器を出して曲がったり、車間距離をあけて走っていると強引に入られたりします。また、海外からの観光客の事故なども多いそうですので、観光などで来られた場合はレンタカーなど注意して運転してください。

●教えてくれた人/長岡里枝さん
2014年5月に家族4人で沖縄に移住。慣れない土地での仕事、子育てに悪戦苦闘しながら、南国ライフを楽しんでいる。インテリアコーディネーター、整理収納アドバイザー準1級。照明コンサルタントの資格も持っている

Source: Sumai
テレワーク時代、仕事を持ったままの移住が正解。経験者が語る後悔しない沖縄暮らし