ゴミを小さくしてゴミ袋の節約を。レジ袋有料化だからこそ続けたい習慣

広げたレジ袋とゴミをコンパクトにまとめてしっかり縛った袋

環境問題に考慮して有料化されたレジ袋。一方でゴミ袋はというと、大切な資源としての認識はイマイチ…。
「家から出るゴミを小さくしたり、ゴミが出ない買い方をしませんか」と提案するのは、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さん。こうした習慣を続けることで、ゴミ袋の使用を減らすことができるといいます。自宅で実践していることを教えてくれました。

立体的なゴミはカットして平らにする

レジ袋に入ったプラごみ

プラスチック容器のような立体物をそのままの大きさで捨てると、ゴミ袋のせっかくの容量を無駄に使うことになります。何気なくポイポイ入れていると無駄な空間ができ、空気を捨てていることと同じ。また、尖った先が袋に当たって破ける原因にもなります。

プラスチック容器を平らにカット

そこで、豆腐のケースなどは立ち上がりをカットし、容器を平らにすることで、かさを減らします。小さくカットする作業は、子どもや家族にお願いすると、家庭でゴミ出しの話もできておすすめです。

プラゴミを種類別に分けると買い物の様子がわかる

わが家のプラゴミは、大きく分けて4種類あります。

透明の包装袋

①雑貨などが入っていた透明の包装袋

お菓子の包装袋

②お菓子などの包装袋

カットしたプラ容器

③カットしたプラ容器

その他のプラごみ

④その他

一度、こうして分けて見てみると、自宅のプラゴミの出方がわかってくるので、商品を買う時の参考にもなります。

たとえば、納豆やヨーグルト。プラ容器と紙容器がある食品は、味と成分にそれほど差がなければ、紙容器の食品を選んでいます。なるべくプラゴミが出ない買い方をすることで、わが家はずいぶんプラゴミが減りました。

ゴミを小さくして、ゴミ袋の出動回数を減らす

雑貨を買った時に包装されている透明袋は、そのまま捨てるとただのゴミですが、これをゴミ袋として活用することも。そのやり方を説明していきます。

カットした容器を透明の包装袋に入れる

③(上記参照)のカットした容器がバラバラにならないように、小さめなサイズの包装袋に入れます。この時、袋の中に空洞ができないように、重ねて層になるように入れていきます。これを私はミルフィーユ収納と呼んでいます。

入れ子方式でプラごみを詰めていく

その袋を、今度は少し大きめのお菓子の袋などに入れ込んでいきます。小さな袋から大きな袋に入れていくと、ゴミがひとつに収まります。これを私はマトリョーシカ方式と呼んでいます。

粘着式の包装袋

ジッパーや粘着式の包装袋を使うときは、できるだけ中の空気を押しだすようにします。同じ量のゴミも、ふんわり捨てるとボリュームが出ますが、これならかなりコンパクトになります。それを、透明袋に入れ子に。ここでもさらに空気を押しだすように丸めていくと、とても小さな固まりになります。

コンパクトにまとまったプラごみ

ここまですると、袋が破れて中身が散乱するということもなくなります。最後は、食品トレーを入れていた小さなビニール袋を2重にしてしっかり縛れば完了です。住んでいる地域にもよりますが、このまま捨てればゴミ袋の節約につながります。
また、このようなコンパクト化をすれば、ゴミ袋を使う場合でも、入れることができるゴミの量が増えるので、やはりゴミ袋の節約に。

資源ゴミはスーパーに持ち込む

ビン缶など資源ごみ

スーパーの入り口で発泡トレーやペットボトル、缶など資源ゴミの回収を行っているお店もあります。

今までレジ袋に入れて出していた資源ゴミも、買ったお店に持ち込むことでレジ袋なしで処分できます。買い物に行くついでに処分できるので、ゴミの日までためておかなくても済みます。

普段、何気なく生活しているとゴミはどんどん出てくる一方。ものの買い方やゴミの捨て方を少し意識するだけでも、ずいぶんコンパクトにまとまります。ゴミを収集・処理する方の負担を減らすことも考えていきたいですね。これを機会に、家庭のゴミ出しを見直してみませんか。

●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザ、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中

Source: Sumai
ゴミを小さくしてゴミ袋の節約を。レジ袋有料化だからこそ続けたい習慣