ウタマロクリーナー偏愛者が上級向け使いこなし術を紹介。壁紙にも応用

住居用中性洗剤の定番「ウタマロクリーナー」

住居用中性洗剤の中でも定番人気のウタマロクリーナー。家の中の気になる頑固な油汚れや水垢など、さまざまな汚れ落としに活躍してくれます。ウタマロクリーナーが好きすぎる日刊すまいライターが、ウタマロクリーナーを使った掃除法と、刷毛(はけ)と組み合わせた意外な場所の掃除法をご紹介します。

汚れ落ちが良く、使える場所が多い

筆者が長い間ウタマロクリーナーを愛用している理由は、中性洗剤なのに汚れ落ちが良く、使える場所が多いからです。手荒れしにくいのも嬉しいポイント。

トイレに置いたウタマロクリーナー

これ1本でいろいろな場所の掃除ができるので、洗剤のストック場所を確保する必要もありません。ただし、天然の石材、銀製品、革製品、液晶などには使えないのでご注意ください。

ウタマロクリーナーをシロッコファンにスプレーする

いちばんベーシックな使い方は、汚れに直接スプレーする方法。キッチンの油汚れや水垢など、家の中の気になる汚れにスプレーして拭くだけ。

軽い汚れなら、少量をふきんなどにつけて拭くだけでもきれいになります。キッチンのシンクや浴室など洗い流せる場所は、スプレーしてこすり洗いした後に水で流します。

シロッコファンは「ウタマロ水」につけ置き

コンロまわりのものをウタマロ水につけ置き

頑固な油汚れがつきやすい換気扇のシロッコファンなども、わが家ではウタマロクリーナーで洗っています。また、定期的にシンクにお湯をためてウタマロクリーナーを数回スプレーした「ウタマロ水」につけ置きもしています。シロッコファンの汚れを浮かせるだけでなく、シンク全体もきれいになってすっきりします。

ウタマロ水をつくる

ウタマロクリーナーは1回に出る量が多いので、軽い汚れなどに少量だけ使いたい時は「ウタマロ水」で拭き掃除しています。

「ウタマロ水」のつくり方は簡単。バケツや洗面台に水をためて、ウタマロクリーナーを2~3プッシュほど汚れに合わせて入れるだけ。その「ウタマロ水」を含ませたふきんで気になる場所を拭き掃除しています。

壁紙の汚れや窓掃除にも

ビニールクロスをウタマロクリーナーをスプレーしたティッシュでパック

ビニールクロスについてしまった汚れは、ウタマロクリーナーをスプレーしたティッシュでパックし、数分放置してから軽く拭き取ると汚れが落としやすくなります。

窓掃除やベランダなど外まわりの掃除にウタマロクリーナーを使用

家の中だけでなく、窓掃除やベランダなど外まわりの掃除にも使っています。窓専用の洗剤や道具を用意しなくても、汚れが気になったらサッと掃除できるので、こまめに掃除する習慣がつきました。

刷毛(はけ)とウタマロクリーナーで溝をきれいに

ウタマロクリーナーとセットで使うことが多いのが「刷毛(はけ)」です。塗装などで使用する刷毛はお掃除にもピッタリ。細かい部分や溝にたまったゴミやホコリを落としたり、洗剤と組み合わせてしっかり汚れを落としたり、なにかと重宝しています。

浴室のドアレールにウタマロクリーナーを軽くスプレー後、刷毛(はけ)で掃除

汚れやすい浴室のドアレールの溝はウタマロクリーナーを軽くスプレーして刷毛で優しく掃除しています。見落としがちなゴムパッキンの裏なども、刷毛と泡のダブル使いできれいにすることができます。

刷毛(はけ)で窓のサッシの溝を掃除

ついつい後回しになってしまう窓のサッシの溝も、刷毛とウタマロクリーナーできれいに。

先にサッシのほこりや砂を刷毛でかき出してから、少量のウタマロクリーナーをスプレーして細かな泡と刷毛で汚れをきれいに落とします。最後にペットボトルなどに水を入れて、軽く水洗いすれば面倒なサッシ掃除が短時間で終了。

1つの洗剤で様々な場所の掃除ができると、掃除のハードルがグッと下がります。緑色の爽やかなボトルカラーとミントの心地よい香りもお気に入りのポイント。これからもわが家の掃除の良きパートナーとして活躍してくれそうです。

※肌が敏感な方はゴム手袋を使用してください

Source: Sumai
ウタマロクリーナー偏愛者が上級向け使いこなし術を紹介。壁紙にも応用