Googleが独占禁止法違反で提訴されたことを受けてMozillaが「巻き添え」を危険視している
2020年10月20日、アメリカの司法省がGoogleを独占禁止法違反の疑いで提訴し、1998年のMicrosoft訴訟に続く重大な訴訟事件として注目を集めています。そんな中、ウェブブラウザのFirefoxを開発するMozillaが、「巻き添え」におびえていると報じられています。

続きを読む…

Source: agora
Googleが独占禁止法違反で提訴されたことを受けてMozillaが「巻き添え」を危険視している