国内の喫煙率が過去最低の16.7%となり記録を更新
厚生労働省が2020年10月27日に、日本における2019年の喫煙率が男女合わせて16.7%となり、これまでで最も低かったことを示す調査結果を発表しました。厚生労働省は、喫煙率について「この10年間で、男女の喫煙率はいずれも有意に減少した」と指摘しています。

続きを読む…

Source: agora
国内の喫煙率が過去最低の16.7%となり記録を更新