自分自身で腹部を切開し虫垂切除手術を行った医師がいる
急性虫垂炎(盲腸)は症状によって虫垂の切除手術が行われます。近年は手術痕が目立たないこと、体への負担が少ないことなどを理由に、全身麻酔をかけて腹腔鏡手術を行う事例が多いのですが、隔絶された環境下で手術を行えるのが自分自身だけだったことから、自ら開腹手術を行ったという医師が存在しています。

続きを読む…

Source: agora
自分自身で腹部を切開し虫垂切除手術を行った医師がいる