遼河はるひがグリーンデザイナーのアトリエに。4匹のインコ+モモンガと暮らす自宅も

遼河はるひさんとグリーンデザイナーのSTEOR(ステア)代表の星野ひろみさん

インテリア大好き女子の遼河はるひさんが、注目のクリエイターのアトリエを訪問。訪ねたのは、グリーンデザイナーのSTEOR(ステア)代表、星野ひろみさんのアトリエです。星野さんがこの仕事を始めるきっかけや、どんなお仕事をしているのか、についてはるひさんがインタビュー。4匹のインコ+モモンガと暮らす、緑がいっぱいの星野さんの自宅も見せていただきました。

どんなに素敵でも、その人が育てられる植物でなければ意味がない

星野さんの作品

遼河:星野さんは、なぜこの仕事をやろうと思ったのですか?

星野:母が昔から植物好きで、父はステンレスの工場をやっていて。それで、植物とステンレスを融合できないかな、と思ったのがきっかけ。もともと建築をやっていたので、植物を組み合わせて素敵な空間をつくる仕事をしたいと思ったんです。

遼河:最近は、植物を使ったおしゃれなカフェなども多いですよね。

星野:カフェもいくつかやらせていただいていますが、植物への関心が高まったのは、ここ5~10年くらいです。

遼河:もし家を建てることがあったら、ぜひお願いしたい!(笑) 『突撃! 隣のスゴイ家』(BSテレ東)という番組で毎回、素敵なおウチを見に行くのですが、どのお宅も家具の一部のように緑を取り入れているのが印象的で、観葉植物を素敵に置くために家を建てたい、と思うくらいです。

談笑する星野さんと遼河さん

星野:最近は、建築家の方も積極的に緑を取り入れるようになっています。極端な話、植物で家のグレードを引き上げることもできますから。「どんなに素敵でも、その人が育てられるものでないと意味がないから、10年、20年と育てられる植物をオススメしています」

遼河:中庭やパティオに、どんな木を植えるかも重要ですよね。

星野:植物って、けっこう出会いやタイミングもあるので、私はいい木と出会ったら、自分で買ってストックしておくんです。逆に、お客さまの家に合う木がなかったら、待ってもらうこともあります。

遼河:家具と一緒ですね。妥協したくないですものね。

植物とリノベーション空間は相性抜群!

苔を鑑賞する遼河さん

遼河:そういえば住宅の番組でご一緒しているアンガールズの田中卓司さんが大の苔好きです。苔ってかわいいですよね。

星野:ここは、1階が工場で2階が住居だった築37年(購入時)の建物を、3年前にアトリエ兼住宅にリノベーションしました。昔の家って、木や石をふんだんに使っていて、新建材でできた家とは違う味わいがあるんです。

遼河:リノベーションにもすごく興味があります。壁紙をはがして元の壁を生かしたり、それに合わせて家具や植物を選んだり、リノベーションでしかできない魅力がありますよね。

話をする星野さんと遼河さん

星野:遼河さんは名古屋ご出身ですよね。私の超個人的な印象では、名古屋の方って庭に対する意識がすごく高いイメージ。だから造園屋さんの技術力も高い。

遼河:実家には柿やいちじく、キンカンなどの木が植えてある、けっこう広い庭がありました。居間や子ども部屋から庭が眺められたし、木があると鳥も集まってきて、環境的にはすごくよかったかなと思います。

星野:そういう経験って大きいですよね。

遼河:子どもの頃は、庭の柿の木でつくったツリーハウスに住むのが夢で、自分で設計図も描いていました(笑)。

星野:将来、お庭をつくるときには、ぜひお手伝いさせてくださいね(笑)。

2階は4匹のインコ+モモンガと暮らす自宅

フルリノベーションした星野さんのお宅のリビング

アトリエ横の外階段を上がった2階が、4匹のインコ+モモンガと暮らす星野さんの住まい。以前工場だった1階は大きく手を加えていませんが、2階はリノベーション会社のhowzlifeに依頼してフルリノベーションし、レトロな雰囲気を残しつつ味わいのある住まいに仕上げました。

鳥小屋のある寝室

LDKは既存の洋室の壁をなくしてガラス入りの引き戸で寝室と仕切り、鳥たちとゆったり過ごせる空間を実現。

トイレと一体化したサニタリー

トイレと一体化したサニタリーも印象的です。

サニタリーを見学する遼河さん

「天井も高いし、中が広くてびっくり!」と、驚く遼河さん。ホゾ穴や傷などが見える既存の柱もいい味を出していて、ここにもグリーンを配することで、爽やかでくつろぎに満ちた空間を実現しています。

星野ひろみさん

星野ひろみさん
大学時代には建築を専攻。独学でグリーンを学び、2006年にSTEOR(ステア)を設立。独自のスタイルで、商業施設やオフィス、住宅のグリーンデザインのプランニング、施工も手掛ける。また、ステンレスのプランターや花器をはじめ、モンステラやつわぶき(石蕗)など、植物をモチーフにしたステンレス製品も話題

遼河はるひさん

遼河はるひさん
1976年愛知生まれ。宝塚歌劇団の男役として人気を博し、退団後は女優、タレントとして幅広く活躍中。2019年にサッカー選手(現在はコーチ)と結婚。『突撃! 隣のスゴイ家』(BSテレ東)出演中

撮影/林 紘輝、幸田 森 ※情報は「リライフプラスvol.35」取材時のものです

Source: Sumai
遼河はるひがグリーンデザイナーのアトリエに。4匹のインコ+モモンガと暮らす自宅も