「Appleは環境のためにLightningを諦めてiPhoneをUSB Type-Cに対応させろ」という主張
Appleは「環境への負荷を軽減する」という目的から、iPhone 12のリリースを期に電源アダプタとEarPodsの同梱を終了しました。こうしたAppleの姿勢について、IT系ニュースサイトのThe Vergeが、「本当に環境問題を考えるならば、まずLigthingを諦めてiPhoneをUSB Type-Cに対応させるところから始めるべき」と一刀両断しています。

続きを読む…

Source: agora
「Appleは環境のためにLightningを諦めてiPhoneをUSB Type-Cに対応させろ」という主張