「死亡した」と誤診された男性が冷凍ボックスに20時間閉じ込められて本当に死亡
74歳の男性が死亡宣告を受けて冷凍保棺されていたところ、実は死んでいなかったことが発覚し、1日後に棺から救出され病院で2日間にわたる治療を受けたものの、死亡してしまったという事件が発生しました。

続きを読む…

Source: agora
「死亡した」と誤診された男性が冷凍ボックスに20時間閉じ込められて本当に死亡