「100年に1度の異常気象」が第一次世界大戦やスペインかぜの死者を増加させたとの指摘
1914年から1918年にかけてヨーロッパを中心に繰り広げられた第一次世界大戦は、なんと1600万人もの犠牲者を出した悲惨な戦争でした。また、1918年から流行したスペインかぜでも数千万人が死亡するなど、この時期は世界的に多くの死者が出ましたが、この背景に「100年に1度の異常気象」があったとの研究結果が報告されています。

続きを読む…

Source: agora
「100年に1度の異常気象」が第一次世界大戦やスペインかぜの死者を増加させたとの指摘