テレワークの集中力を上げる!無印良品のおすすめ収納グッズ

自分用のパソコンデスクを購入して環境を整えた書斎

テレワークが推奨されるようになり、パソコン作業を家でやる人も増えてきました。作業スペースが確保できず、ダイニングテーブルでノートPCを広げて仕事をしている人も多いと思います。ダイニングでの作業は、公私の区別がつけにくくありませんか?

「ダイニングテーブルで仕事をしていると、どうしても集中できず…。そこで書斎に自分用のパソコンデスクを購入して環境を整えました。その際に取り入れたのが無印良品の収納グッズです」と話すのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。デスク上で使えるおすすめの収納グッズとその使い方を教えてもらいました。

「ポリプロピレン小物ケース」でコード類を整理

ポリプロピレン小物ケースにコード類を収納

無印良品のポリプロピレン小物ケースは、迷子になりがちな充電用のUSBコードとイヤホンの収納に使っています。デスク上にまとめて置いてあるので、使いたいときにサッと取り出せて便利です。

使用しているLサイズは、75×110×高さ46㎜。とてもコンパクトにまとまります。

接続端子の下にケースを置く

このように、動線が最短になるよう接続端子の下にケースを置いています。半透明なので中身は見えてしまいますが、フタをしておけばごちゃごちゃした印象にはなりません。

ポリプロピレン小物ケースは税込190円と、値段もお手頃。洗面所やキッチンなど、デスク以外の場所でも役立ちます。

「アクリル仕切りスタンド・3仕切り」を卓上本棚に

アクリル仕切りスタンドを卓上本棚に

無印良品の「アクリル仕切りスタンド・3仕切り」は卓上本棚として、よく参考にしている本や読みかけの本を置いています。適度な重みがあるので倒れる心配がありません。

サイズは幅133×奥行210×高さ160㎜。1つの仕切りの幅は約35㎜です。ブックエンドよりも安定感があり、書類やファイルを立てておくこともできます。

税込1190円と少し値段は高いですが、丈夫で倒れないのでとても気に入っています。本棚以外の用途としては、食器棚のお皿を「立てる収納」にしたいときに便利です。

「ABS樹脂デスクトップ収納」シリーズで文具を整理

ABS樹脂デスクトップ収納で文具類を整理
デスクの脇には、無印良品のABS樹脂デスクトップ収納シリーズのトレーを置いています。

ペンやメモ、手帳、付箋、メジャー、ミニ財布など自分がデスク周りでよく使うモノを収納。細かいモノはすぐに迷子になってしまうので、まとめておけて便利です。

ABS樹脂シリーズは、デスクトップ収納に特化しており、種類が豊富で組み合わせて使うとさらに機能的に。私が使っているのはA4仕分けトレー(現在は販売中止)ですが、書類トレーの上にA5サイズの仕分けトレーを積み重ねて使うのもおすすめです。

ポリプロピレン収納キャリーボックスやファイルボックスのハーフ幅25㎝タイプなどでも代用できるでしょう。

基本的に、デスク上には必要なモノだけを置いているので、とても集中しやすくなりました。ダイニングテーブルで作業していたときのように、食事やお茶の時間にいちいちパソコンを移動させる必要もありません。

無印良品の収納グッズでデスクをまとめることで見た目もスッキリ。使用頻度の高いモノを手を伸ばすだけで取り出せるので、作業効率もアップしました。テレワークで集中力を上げるには、デスク周りを整理してみるのがおすすめです!

●教えてくれた人/藤野ことさん
整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリスト。クリンネスト2級。家事は「素早くラクに」がモットー。動線を短くして時短家事となる仕組みづくりを考えている。無印や100均などのグッズを使った収納アイデアを考えるのが得意

Source: Sumai
テレワークの集中力を上げる!無印良品のおすすめ収納グッズ