カプコンが不正アクセス攻撃を受け最大35万件の個人情報が漏洩した可能性、今後発表予定のゲームタイトルに関する情報なども漏洩か
2020年11月16日、カプコンが第三者からオーダーメイド型ランサムウェアによる不正アクセス攻撃を受けたことを発表しました。記事作成時点で流出したことが確認されているのは、従業員の個人情報4件および元従業員の個人情報5件の計9件と、販売レポートや財務情報などの情報のみですが、流出した可能性のある情報は最大約35万件にものぼるとのことです不正アクセスによる情報流出に関するお知らせとお詫び | 株式会社カプコンhttp://www.capcom.co.jp/ir/news/html/201116.htmlすでに流出したことが確認されているのは、個人情報9件のみですが、顧客や取引先などの個人情報最大35万件分が流出した可能性がある情報として挙げられています。流出の可能性のある情報の詳細は以下の通り。

続きを読む…

Source: agora
カプコンが不正アクセス攻撃を受け最大35万件の個人情報が漏洩した可能性、今後発表予定のゲームタイトルに関する情報なども漏洩か