「アレシボ天文台」の世界最大級の電波望遠鏡が3カ月で2度の大事故を起こして解体されることに
プエルトリコにあるアレシボ天文台の電波望遠鏡は、直径305mの反射面を持つ世界最大級の電波望遠鏡であり、天文学の研究において長らく重要な役割を果たしてきました。しかし、この電波望遠鏡は1963年に建造されたため老朽化が進んでおり、2020年8月~11月の間だけで2度も大事故が発生したことを受け、アメリカ国立科学財団(NSF)が電波望遠鏡の解体を決定しました。

続きを読む…

Source: agora
「アレシボ天文台」の世界最大級の電波望遠鏡が3カ月で2度の大事故を起こして解体されることに