「培養鶏肉」のチキンナゲットが世界初の当局承認を得て市販化へ
アメリカの食品メーカー・Eat Justが2020年12月2日に、実験室内で細胞を培養して生産された「培養鶏肉」がシンガポール食品庁の審査を通過し、一般のレストランで提供開始されると発表しました。植物性原料で肉のような味を再現した人工肉はこれまでも登場していましたが、「培養された本物の肉」が安全な食品として当局から承認されたのはこれが世界初だと報じられています。

続きを読む…

Source: agora
「培養鶏肉」のチキンナゲットが世界初の当局承認を得て市販化へ