「Googleが労働者を監視して不当に解雇した」として全米労働関係委員会が訴状を提出
労働者の団結権や不当労働行為の禁止など、労働関連法を執行する独立行政機関である全米労働関係委員会(NLRB)が,「Googleが会社の方針に抗議して労働組合を組織しようとした従業員を不当に監視・解雇したのは、労働法に違反している」として、Googleに対する訴状を提出することを2020年12月2日付けで発表しました。

続きを読む…

Source: agora
「Googleが労働者を監視して不当に解雇した」として全米労働関係委員会が訴状を提出