家じゅうの書類をスッキリ!整理用アイテムのベストな使い分けをまるっと解説

ファイルボックスで書類を管理

家の中で「片付かないモノ」として悩んでいる方が多いのが書類ではないでしょうか。様々な種類があって、毎日のように家に入り込んでくる紙類はため込んでしまうとやっかいです。
整理収納アドバイザーのFujinaoさんは、書類を以下の3つのカテゴリーに分けて管理しているそうです。

  • 「緊急性」「交換頻度」が高い書類
  • 「緊急性」「交換頻度」が低い書類
  • 取扱説明書

詳しく教えていただきました。

「緊急性」「交換頻度」が高い書類はクリップで掲示

書類を管理する際に意識したいのが「緊急性」と「交換頻度」です。すぐに返信や提出が必要な書類は「緊急性」が高く、学校関係のプリントなどは更新頻度が高いため「交換頻度」も高くなりますね。

学校のブリントをクリップで掲示する

そうした書類管理に向いているのがクリップで掲示する方法です。ただマグネットで留めるだけだと入れ換えの際や下の書類をのぞき込んだ時にバラバラと落ちてしまうことがあるので「マグネットクリップ」で留めるのがポイントです。

あまり書類を目立たせたくないのであれば、扉裏に100均のマグネット用補助板を貼って書類の掲示スペースにするのがおすすめです。

マグネットが付く壁紙で仕上げた壁

扉がない場合は使いやすい場所に大きなマグネットボードを用意するのも一つの手。わが家は家を建てる際にデスク前の壁をマグネットが付く壁紙にしてもらいました。これから家を建てる、という方はマグネットがつく壁をどこかに用意しておくと、後でとても役に立ちます。

注意しなければならないのは、掲示する情報は厳選する、ということ。たくさん掲示しすぎると目立たなくなり、緊急性の高い書類が埋もれてしまいます。

新しい書類が入ってきたら古いものを見直して処分し、どんどん更新するようにしましょう。

「緊急性」「交換頻度」が低い書類はファイルボックスで管理

たとえば保険やクレジットカードに関する書類、学校の連絡網や行政関係の書類など、緊急性や交換頻度はそんなに高くないものって結構ありますよね。けれど捨てるわけにもいきません。そんな書類は、上からパッと見て管理できるファイルボックスでの管理がおすすめです。

ファイルボックスで書類を管理

使うのはファイルボックス、個別ファイル、クリアファイルの3つ。これに大きな分類から順に分けていきます。例えばこちらは夫に関する書類のファイルボックスです。

ファイルボックス

まず個別ファイルで保険、銀行、カード、健康診断、年金などのカテゴリーに分類します。

個別ファイル

さらにその中をクリアファイルで保険会社別、カード会社別などに細かく仕分けます。つまり大分類、中分類、そして小分類と段階的に分けて保管しておくことで必要な書類がすぐに見つかります。

クリアファイルで仕分けした書類

ポイントは、書類を広げた状態で収納すること。厚みが均一になりますし、中身をすぐに確認することができます。

取扱説明書は専用ファイルにおまかせ

取扱説明書は小冊子くらいの厚みがあったり、付属品がついていることもあるので、専用ファイルを使うと上手に管理ができます。

キングジムの取扱説明書用ファイル

わが家で使っているのはキングジムの取扱説明書用ファイル。ファイルに厚みがあるのでちょっとした付属品ならば一緒に収納することができます。

アイテムごとにジップバッグに入れて付属品を保管

もし、このファイルに収まりきれないほどの付属品があれば100円均一のファイルケースに入れてしまうと収まりが良くなります。さらにアイテムごとにジップバッグに入れておくのも忘れずに。

また大前提として、書類をため込まないことが肝心です。届いたらすぐに中身を確認し、必要がなければ捨てる。必要な書類ならそれぞれの居場所に移動させる。このシンプルな作業を習慣にすることで、書類管理はとても楽になります。ぜひ参考にしてみてください。

●教えてくれた人/Fujinaoさん
整理収納アドバイザー。転勤族の経験から「少ないモノで豊かに暮らす」アイディアと暮らし方を提唱している。個人宅の片付け実績は300件超。モノの呪縛から解き放たれる魔法のような言葉を載せたインスタが人気を集めている

Source: Sumai
家じゅうの書類をスッキリ!整理用アイテムのベストな使い分けをまるっと解説