AppleのM1チップとT2チップを搭載したMacはオフラインで再アクティベートできない問題があると研究者が主張
AppleのM1チップとT2セキュリティチップを搭載したMacはオフラインで再アクティベートできずAppleとの通信を余儀なくされるため、完全にオフラインでの使用を求められる機密データ処理システムや遠隔地・宇宙船での使用には適していないとセキュリティ研究者のジェフリー・ポール氏が主張しています。

続きを読む…

Source: agora
AppleのM1チップとT2チップを搭載したMacはオフラインで再アクティベートできない問題があると研究者が主張