Googleが倫理的AIチームの研究者を解雇したことは「前例ない検閲」だとして非難集中、Google社員1200人以上が抗議文に署名
Googleで倫理的人工知能(AI)チームのテクニカルリーダーを務めていたティムニット・ゲブル博士が、Googleから「論文の撤回か辞任か」を求められ、結果的にGoogleを去らざるを得ない状況に追い込まれたとして、Googleに非難が集中しています。Googleは論文の内部レビューが適切だったと説明していますが、本来であればGoogle内部の機密が漏れないようにチェックすることが目的であるはずのプロセスが「検閲」になっており、Google社内における研究や論文のあり方がねじ曲げられていると指摘されています。

続きを読む…

Source: agora
Googleが倫理的AIチームの研究者を解雇したことは「前例ない検閲」だとして非難集中、Google社員1200人以上が抗議文に署名