人間は難問に取り組むぐらいなら「肉体的苦痛の方がマシ」と考えていることが判明
誰しも難題に頭を悩ませられるのは苦痛なもの。心理学者が行った、被験者に「不快な痛み」と「記憶力テスト」を選ばせる実験により、「人は認知的な努力と肉体的苦痛をトレードオフだと捉える」ということが判明しました。

続きを読む…

Source: agora
人間は難問に取り組むぐらいなら「肉体的苦痛の方がマシ」と考えていることが判明