アルツハイマー病に関連するタンパク質が概日リズムによって調節されていることが判明
認知症の一種であるアルツハイマー病は睡眠不足との関連が指摘されており、アルツハイマー病の患者は睡眠に問題を抱えるケースが多いことも知られています。ワシントン大学の研究チームが行った新たな研究では、アルツハイマー病のバイオマーカーであるCHI3L1(YKL-40)と体内時計(概日リズム)との関係や、YKL-40がアルツハイマー病の症状に及ぼす影響について明らかにされました。

続きを読む…

Source: agora
アルツハイマー病に関連するタンパク質が概日リズムによって調節されていることが判明