政府機関への大規模サイバー攻撃が核兵器関連の組織やMicrosoftにも迫っていたことが判明
SolarWinds製セキュリティソフト「Orion」のアップデートファイルが、サイバー攻撃集団によりマルウェアを含むものに置き換えられており、多数の政府機関を狙ったハッキングに利用されていた問題で、アメリカ合衆国エネルギー省と国家核安全保障局(NNSA)のネットワークにハッカーによるアクセスがあったことがわかりました。また、この攻撃に使用されているドメインの押収など対策を行っていたMicrosoftもSolarWinds製ソフトウェアを使っていたことが指摘されています。

続きを読む…

Source: agora
政府機関への大規模サイバー攻撃が核兵器関連の組織やMicrosoftにも迫っていたことが判明