投与ミスで高い効果を発揮した新型コロナワクチンなど「偶然見つかった医学的発見」5選
イギリスのオックスフォード大学と大手製薬会社・アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチン「ChAdOx 1 nCoV-2019」は、臨床試験で「有効率62%」とやや控えめな結果が出ましたが、別の試験では「有効率90%」と非常に有望なデータも得られました。この有望な結果につながったとある「偶然」を含め、ケガの功名や偶然から人類史に残る発見につながった逸話をランカスター大学臨床解剖学学習センターのアダム・テイラー所長が5つにまとめています。

続きを読む…

Source: agora
投与ミスで高い効果を発揮した新型コロナワクチンなど「偶然見つかった医学的発見」5選