光と音の幻想的な世界を表現!「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-」開催

image001

ソニーピーシーエル株式会社は、横浜新港中央広場と周辺エリアで開催されている都市型イルミネーション「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-」において、センシング技術を活用したイルミネーション制作の統括を担当している。

横浜市はより多くの人々に横浜市の夜を楽しみ、魅力を体験してもらうことを目的に、2019年から創造的イルミネーション事業を実施している。第2回目となる今年のテーマは「ひと・もの・文化の交差(CROSS)」。「人々が行き交うことで生まれる痕跡」「文化を記憶する歴史的な建物」、「人々に愛されてきた植物、木々たち」が一体となって光と音の幻想的な世界が体感できるイルミネーションになっている。また「ヨルノヨ」には裏に「You Will Know You.」(「あなたは、(客観的に)あなたを、知る=will knowでしょう」)というメッセージが隠されている。

■テクノロジ・アート表現でコロナ禍でも安全、かつ大規模なイルミネーションを実現
本イベントは、様々なテクノロジーやアート表現によって「密」を回避しながらも、従来どおりの感動が味わえるのが特徴だ。密を回避するための工夫として、街の10ヵ所に「PORTAL」を設置し、リアルタイムで人が密集しているエリアをサイト上で確認可能なコンテンツを用意したり、大さん橋に「NIGHT VIEWING」があったりと、人々を一箇所に集中させずに自然と分散させる仕掛けをつくっている。また、すべてをまわると3時間あっても時間が足りないくらいの見どころを用意し、回遊性を高めることも密対策に繋がっている。

このような徹底した密対策の結果もあり、来場者数目標をかなり早い段階で達成、コロナ禍でも多くの人たちがイルミネーションを楽しむことが出来ている。
テクノロジー・アート表現の工夫により、コロナ禍でも安全にかつ大規模なイベントを成功させた。

さらに、コロナ禍で会場を訪れることが出来ない人にも同じ体験を提供したいとの思いから、リアルタイムの人の動きをセンサーで感知し、新港中央広場で横浜を照らす人々の生みだす光や音をウェブサイト上で共体験できるコンテンツ「ミルノヨ」も公開。ヨルノヨが開催されている横浜みなとみらいに行くことが出来ない人も、メイン会場の新港中央広場と同じタイミングで広場の様子を感じることができ、さらに多くの人に光と音の幻想的な世界の体験を提供している。

■変化する光と音が楽しめる『NIGHT WALKING』
新港中央広場で行われる『NIGHT WALKING』は植物や木々と一体となった幻想的な光が照らす中、人々の歩みに応じて光と音が刻一刻と変化するイルミネーションだ。中央には「人・もの・文化の交わり」の象徴として、『CROSS DOME(クロスドーム)』が光り輝いている

『CROSS DOME』はイベントの見どころのひとつであり、ドーム内に入ったり少し離れた場所から見ても楽しむことができる。中に入ると音に包み込まれるような体験ができるが、これは反響音を利用しているのだそう。床には、プロジェクションによる演出もある。

image003

『CROSS DOME』の奥には、赤レンガの倉庫が見える。

ベンチや道、木々には、人の動きに反応する様々な演出がある。実はソーシャルディスタンスを意識しており、人が近づくことで演出を変化させて逆に人との距離を保つという「逆転の発想」があるのだそう。

広場だけでも1時間は楽しめるので、ゆっくりと散策しながらいろいろな角度から楽しむのがおすすめだ。

image005

公園内の小高い場所からは3つの『CROSS DOME』を楽しめる。

<詳細情報>
日時:2020年11月20日(金)〜12月26日(土) 18:00~21:05
場所:新港中央広場

■壮大なスケールの光と音の演出『NIGHT VIEWING』
広場だけでなくその周辺の施設が連動して壮大なイルミネーションだ。1日6回5分間ずつ、時間毎に色が変化し、全部で6パターンを楽しむことができる。

新港中央広場と横浜港大さん橋国際客船ターミナルから楽しめる。
美しいイベントなので、ぜひ、動画で撮影してみてほしい。

なお、新港中央広場は、星屑の丘から見るのがおすすめだそう。

image007

イルミネーションが美しい『NIGHT VIEWING』

image009

横浜港大さん橋国際客船ターミナルからの『NIGHT VIEWING』

<詳細情報>
日時:2020年11月20日(金)〜12月26日(土) 18:30・19:00・19:30・20:00・20:30・21:00(各5分間)
場所:新港中央広場及び周辺エリア

■夜の横浜をつなぐ光のオブジェ『PORTAL』
横浜都心臨海部10か所に設置された『PORTAL』は、夜の横浜をつなぐ光のオブジェだ。くぐると光と音で反応し横浜の街を巡った痕跡、他の誰かが巡った痕跡が感じられるという仕掛けになっている。

公式Webサイトからは、人がPORTALを通った時に光るのがリアルタイムで確認できる。人の軌跡が光となって映し出されるのはおもしろい。
また画面に映し出された光を見ると、混んでいる場所なども一目瞭然なので密を避けながら楽しめるようにもなっている。

PORTALは、横浜の景色と一緒に自撮りできるフォトスポットであり、インスタ映えする写真が撮れる。
撮影した写真をInstagramに「#ヨルノヨ」のハッシュタグをつけて投稿すると、お店の割引やプレゼントが当たるキャンペーンを実施中だ。

image011

横浜都心臨海部10か所に設置された『PORTAL』

<詳細情報>
日時:2020年11月20日(金)〜12月26日(土) 18:30〜21:05
場所:横浜都心臨海部10か所

■街にアート作品を投影しながら回遊!『ヨルノヨ × SAMPO_MAPP』
世界で話題のMAPP_(マップ)。MAPP_はカナダモントリオール発のアートコレクティブのナイトウォークプログラムだ。

MAPP_のメンバーがプロジェクター付き自転車で建物などの壁に投影しながら、横浜の街を歩いて巡る体験ができる。
ルートは全部で4つあり、それぞれ事前予約が必要とのこと。

ルート1:元町ルート : 金曜日18:00~19:30
ルート2:横浜ハンマーヘッドルート : 金曜日20:00~21:30
ルート3:山下公園ルート : 土曜日18:00~19:30
ルート4:大さん橋ルート : 土曜日20:00~21:30

image013

<詳細情報>
日時:会期中の毎週金曜日、土曜日

ヨルノヨ 公式Webサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
アンテノール、苺づくし!あまおう苺・紅ほっぺ苺のスイーツが勢ぞろい
「鬼滅の刃」漫画やグッズの最安値を探せる!特集ページを開設
新型コロナウイルス感染症対策向け記録表を追加!食品衛生管理アプリ「FooF」を3月末まで無償提供
一台で電解水素水・酸性水・浄水を作れる!日本トリム「TRIM ION CURE」を使ってみた
何度でも使える「お年玉クーポンパス」!新春から「初ケンタ」、人気の福袋を2021年も販売






Source: ITlifehack
光と音の幻想的な世界を表現!「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-」開催