GoogleとFacebookが「独占禁止法調査に備えて協力する秘密契約を結んでいた」と報じられる
2020年12月中旬にGoogleが反トラスト法(独占禁止法)に違反しているとして、30人以上の州検事総長が訴訟を起こしました。訴状の草案を入手した大手紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が、これまで明らかになっていなかったFacebookとの談合疑惑の詳細や、反トラスト捜査を前にGoogleとFacebookが秘密裏に情報共有を行っていた疑惑について報じています。

続きを読む…

Source: agora
GoogleとFacebookが「独占禁止法調査に備えて協力する秘密契約を結んでいた」と報じられる