Googleが自社技術に関する論文を前向きな論調にするよう研究者に求めていることが判明
Googleが、社内の研究者による人工知能(AI)についての論文に対しての査読で、論調を前向きなものにするよう求めていたことがわかりました。Googleの社内査読をめぐっては、「論文の内容を撤回するか、辞任するか」と求められた倫理的AIチームのリーダーが撤回を拒否する一件があり、このリーダーを解雇したことで、社内外から大きな非難の声が挙がっていました。

続きを読む…

Source: agora
Googleが自社技術に関する論文を前向きな論調にするよう研究者に求めていることが判明