「花嫁衣装は白いウェディングドレスが定番」という常識はいつからできたのか?
結婚式で花嫁が着るウェディングドレスは、近年はピンクやブルー、イエローなどさまざまな色のドレスが登場していますが、白いドレスが一般的となっています。なぜウェディングドレスは白色であることが当たり前になったのか、その歴史についてオハイオ州立大学とコロンバス大学で非常勤講師を務めるモーリス・シェニー氏が解説しています。

続きを読む…

Source: agora
「花嫁衣装は白いウェディングドレスが定番」という常識はいつからできたのか?