コストコで物置を購入して6年。サイズ、デザイン、大満足の使い勝手を語る

ライフタイム社製の物置

物置、と聞くと実用性重視の味気ないデザインのものを想像する方もいるかもしれませんが、こんな可愛いデザインのものもあります。しかもこの物置、コストコで購入したそうです。

ガーデニング用品などを収納するためにLIFETIME(ライフタイム)社製の物置を購入し、6年使ってみて非常に満足しているという日刊すまいライターが、購入の意外なきっかけやその使い勝手について語ります。

ホームセンター帰りに立ち寄ったコストコで物置を発見

新居に住み始めた頃は夫婦2人の生活でしたので、それほど収納スペースには困っていませんでした。でも、次第にガーデニング用品などが増えてきて、置き場に困るようになってきたので、屋外用の物置を探すことに。

ホームセンターをいくつか回りましたが、なかなかこれ、というサイズのものが見つかりません。また、デザインがいいものは値段が高く、決めきれずにいました。その帰り道にたまたま立ち寄ったコストコで出会ったのがLIFETIME(ライフタイム)社製の物置「ホリゾンタル屋外収納ボックス」でした。

ライフタイム社は有名なアメリカのブランドで、耐久性に優れたプラスチック製の商品が人気です。コストコの売り場でも、日本ではあまり見かけないおしゃれなデザインの商品が目立っていました。

ウッディな木目調のデザインと、コンパクトなサイズ感がすっかり気に入って購入することに。幅約191㎝、高さ約132㎝、奥行きは約107㎝ほど。価格は当時10万円以下でした。

組み立ては想像以上に大変!半日かかってやっと完成

ライフタイム社製の物置を組み立てる

届いたその日にさっそく夫と2人で組み立てたのですが、翌日筋肉痛を引き起こすほど重労働でした。2、3時間もあれば組み立てられるだろうと悠長に考えていたら、これが思った以上に大変!

ひとつひとつのパーツが大きく、それらを移動させるだけでもなかなかの重労働。もう少し人手があれば早く終わったのかもしれませんが、完成するのに半日くらいかかりました。

大人一人が手を広げても余裕のある広さ

幅は大人一人が手を広げても余裕のある広さ。また、特に気に入ったのは132㎝というほどよい高さ。圧迫感がなく、出し入れがしやすそうです。ナチュナルなデザインなので、庭の雰囲気にもうまくマッチしています。

中を見渡しやすい観音開き扉と開き具合を調節できる扉が便利

観音開きの扉

使い始めて6年たった今でも便利と感じることのひとつは、観音開きの扉。ガバッと開いて中を見渡せるので、どこに何が置いてあるかひと目で把握することができます。簡易的な鍵も付いています。

半開きの状態のふた

ふたの開き具合が2段階あるのもとても便利です。こちらは半開きの状態。

全開の状態のふた

こちらは全開の状態。ちょっと物を出したい時には半開にして、たくさんのものを出し入れするときは全開、と使い分けることができます。

ガーデニング用品やアウトドア用品を収納

小物収納のために物置に入れた棚

奥行きを有効に使うため、家の中で使わなくなった棚を置いて小物収納に活用しています。もう少し物が多くなったら、物置に合った棚をDIYするとより使い勝手が良くなりそうです。

ガーデニング用品やアウトドア用品などを収納

わが家では、おもにガーデニング用品やアウトドア用品を収納しています。また、捨てられない物の一時保管場所としても使っています。雨が入ってくることはありませんが、土ボコリや虫はが入ってくるので、ある程度定期的な掃除は必要です。

ちょうどいい物置がなかなか見つからない、とお困りの方は参考にしてみてください。

Source: Sumai
コストコで物置を購入して6年。サイズ、デザイン、大満足の使い勝手を語る