タコとの特別な絆を描くドキュメンタリー映画の制作に至るまでの過程
タコは食材として人気がある一方で、ひねって開ける保存容器の開け方を5カ月も記憶したり、人間を個別認識したりできるという非常に頭が良い生物としても知られています。そんなタコとの1年以上にわたる交流を描いたドキュメンタリー映画「オクトパスの神秘: 海の賢者は語る」の製作秘話を、制作マネージャーのスワティ・ティヤガラジャン氏が明かしています。

続きを読む…

Source: agora
タコとの特別な絆を描くドキュメンタリー映画の制作に至るまでの過程