麻薬を「非犯罪化」するとどんなメリットとデメリットがあるのか?
2020年11月にアメリカのオレゴン州がマジックマッシュルームの幻覚成分であるシロシビンを合法化したほか、12月にはコロンビア政府がコカイン産業の合法化を検討していると報じられるなど、麻薬や幻覚成分の規制緩和や合法化の動きが近年活発化しています。このような動きのメリットや懸念されている問題について、社会学の専門家が解説しました。

続きを読む…

Source: agora
麻薬を「非犯罪化」するとどんなメリットとデメリットがあるのか?